Top
News
協会の概要
会長挨拶
会報
会員専用ページは現在準備中です
問い合わせ先
医学顧問団
Q&A
リンク
English
寄付について
リレー・エッセイ
多発性硬化症国際連合
国立精神・神経センター
特定非営利活動法人MSキャビン
MS-Gateway
   DREAMS Award
寄付について
日本多発性硬化症協会(略称日本MS協会)は昭和52年1月に任意団体として発足以来、皆様のご理解とご協力に支えられ、国内的には医学者への支援と、患者さんへの援助を、また、国際的には多発性硬化症国際連合(加盟国数42ヶ国)の加盟団体として、医学情報の交換やその他の面で国際交流を進めてまいりました。平成24年11月東京都庁より特定非営利活動法人の認証を受け、新しくNPO法人としてスタート致しました。協会の活動資金としては、専ら善意の方々からのご寄付を期待しています。
最近、身の回りに神経疾患が増えていますが、多発性硬化症は欧米に極めて多い疾患であり、日本でも厚生省より『特定疾患』(いわゆる難病)の一つに指定され、約17,000人の患者がいると報告されています。本症の研究は今日の神経性疾患の研究の源流をなすものとして知られ、その研究の意義は極めて大きいものがあります。優れた日本の医学を通じて多発性硬化症の解明を目指す医学者を支援するため、今後とも努力して参りたいと存じます。
MS世界連合の一員として、分担金(Subscription)は年々増額されており、また、医学研究を通じての日本の国際貢献が強く望まれております。これらに対応する為にも、当協会は財政的基礎を強化したいという悲願をもっております。この趣旨を是非ともご理解頂きまして、何卒賛助会員としてご援助賜りますようお願い申し上げます。
更に一般からのご寄付を頂くためには皆様にMSと言う難病についてのご理解を更に深めて頂くことが何よりも必要であると考えており、その努力を続けたいと思います。ご賛同を承りますれば、下記の口座にお振込み戴ければ幸甚でございます。
1. 賛助会員の定義
多発性硬化症の調査研究を円滑に行うために、所定の会費を納入し援助していただける個人、又は団体を賛助会員という。
2. 会費
団体会員は年間1口5万円
個人会員は年間1口1万円
(詳細については事務局までご連絡下さい。)
3. 申し込み方法
当協会事務局(中島荘次 TEL: 03-3847-3561)までご連絡下さい。

個人会員以外の一般の方でもご寄付いただける場合は下記の口座にお振込をお願いいたします。
金額はおいくらでも結構です。通信欄に「寄付金(ホームページ)」とお書き添え下さい。

三菱東京UFJ銀行 浅草橋支店
普通預金口座 0616165
特定非営利活動法人 日本多発性硬化症協会
寄付者紹介
(平成25年度)
1. 団体寄付金員(敬称略)
株式会社 三栄コーポレーション
バイオジェン・アイデック・ジャパン株式会社
田辺三菱製薬株式会社
バイエル薬品株式会社
ノバルティスファーマ株式会社
テバファーマスーティカル株式会社
アスビオファーマ株式会社
杏林製薬株式会社
2. 賛助会員・正会員 ‐ 個人
8名
3. 一般寄付 ‐ 法人ならびに個人
106名